ロゴ
>特集>ホワイトニング方法は歯科によって変わってくる

ホワイトニング方法は歯科によって変わってくる

口元

大阪にある歯医者さんで行われているホワイトニング治療として、メジャーなのがレーザーを使用した施術法です。歯に付着した黄ばみを落とす効果のある薬剤を歯に塗布した上で、レーザーを照射していくのが特徴となっています。レーザーによる治療はとにかく即効性があり、1回の治療でも白く艶やかな歯へと変身させることが可能です。歯に塗布する薬剤には過酸化水素が含まれており、レーザーを照射して熱を加えることにより酸化が一気に促進されます。すると色素沈着を分解する作用が早まり、レーザーでの治療であれば約10分程度という短時間で色素を分解できるのです。レーザーでのホワイトニング治療は施術時間が短く、しかも即効性があるということもあり大阪の歯医者さんで多く採用されています。

もし、大阪の歯医者さんで歯の黄ばみを解消するホワイトニング治療を受けたいと思ったら、まず情報を集めることをおすすめします。歯医者さんだからといって必ずしも、この治療を行っているとは限らず場合によっては施術をやっていないというケースもあるようです。受診した後に施術が受けられないとなると、また1からホワイトニング治療を受けられる歯医者さんを探し出さなければいけません。多くの歯医者さんが開院している大阪で、より手軽に歯医者さんの情報を得たいという場合はネットで、治療を受けられるかどうかを調べてみると良いでしょう。歯医者さんの情報サイトをチェックしたり、歯医者さんが開設している公式サイトを調べたりするとホワイトニング治療を行っているかが記載されています。

女性